よしちゃんブログ

2018年08月03日
総会及び視察研修会

 昨日、ごごから果樹NOSAI会総会及び視察研修会に参加してきました。

長野市赤沼の田中氏と長野市若槻の斉藤氏の畑で視察研修を行いました。

その後ホテル信濃路で総会と懇親会が行われました。

外は暑かったので写真は一枚でした。

20180803-1.jpg
2018年03月01日
コンクール受賞祝賀会

 宴もたけなわになり座の決まりをの万歳をして、

祝賀会に御出で頂いた来賓の皆様と穂波支会の面々と

記念写真を撮り一次会を終了しました。

20180301-1.jpg

 頂いた賞状と目録です。

額の裏には菊の御紋が入っておりました。

20180301-2.jpg 20180301-3.jpg
2018年02月28日
コンクール受賞祝賀会

昨日は果樹研究会穂波支会の総会が有り、

兼ねてより全国果樹技術経営コンクールにおいて

穂波支会が『農林水産省生産局長賞』を受賞しました。

総会の後、会場を移して受賞祝賀会をアップルシティーで

北信農業改良普及センター・町・JA・県果樹研究会本部・中高果樹研究会

お客様を呼んで盛大に受賞祝賀会を行いました。 

20180228-1.jpg

受賞にあたり何時もお世話になっております、

北信農業改良普及センターの脇本技師から

受賞経過報告が有りました。

20180228-2.jpg

農林水産省生産局長賞
○ 長野県 下高井郡山ノ内町 (りんご・もも・ぶどう)
  長野県果樹研究会穂波支会(昭和54年設立)

 新技術の開発と吸収、会員相互の連帯と協調、果樹栽培の先達として
地域社会の発展への貢献を目的に県下の融資により設立された
研究会の支会であり、りんご34haを中心に果樹48haを栽培する
農家26戸により構成されている。

 毎月の例会のほか、技術研修会の開催、収穫前の園地巡回、
県果樹試験場の研究員などをまねいての学習会を通じ技術向上と情報交換を行っている。

 技術面では、とくに下垂枝・果台枝利用と誘引の多様を柱としたオリジナルの整枝・剪定技術が特徴的で、これらの開発・普及などを通じて品質・食味の
向上が図られており、直近5年の県リンゴコンクールにおいて異なる会員が
4度の農林水産大臣賞を受賞するなどしている。
経営めんでも、品質の高さを生かして個人贈答販売を中心に高単価販売を進め
、中山間地ながら高水準の農業所得を確保している。
 技術向上に意欲的な新規就農者を地区外からもお試し会員として積極的に受け入れているほか、収納前の就農希望者に対する実践的な研修指導も担当し
担い手の育成に大きく寄与している。

 消費者に対しては、町友好都市からの農作業体験の受け入れや、
首都圏果樹専門店でのカルチャースクールなどの機会を通じ、
地域のりんごを広く伝える活動を実施している。

20180228-3.jpg
2018年02月10日
母いく子の告別式

 ひ孫達も何が何だかわからないで居るのでしょうね。

数珠の大きい玉が回って来るのが、可笑しいのやら・

楽しいのやら喜んでいました。

昨年11月下旬に生まれたばかりの、赤ちゃんは

周りの騒がしさは、どんな風に聞こえているのだろうな?

まぁ〜泣かないからいいかぁ!

20180210-4.jpg 20180210-5.jpg

 下の写真はお葬式が終わった次の日

後片付けをして初七日まではこのままにして置きました。

おしまい。

追伸
  リンゴはまだ有ります。

連休前に注文を頂いている分と一緒に

連休明けに荷作り・発送をまとめてしようかと思います。

最後のリンゴ注文お待ちしております。

その後は、また週1回位の荷作りになります、終わり次第終了です。

母いく子の告別式

 夕方5時30分より、御苦労呼びを兼ねてお数珠回しを家に帰って来てから

近所の方と親戚の方に集まって頂き行いました。

今のご時世は、何でも簡素化してやらない方もいますが、

我が家は親父の時と同様に皆さんに朝からお手伝い頂いたりして、

労をねぎらうという意味で昔からの習慣を残して行こうとやりました。

大勢我が家に集まる機会がなかなか有りませんのでね。

20180210-1.jpg

 宴も盛り上がってきた頃に近所の方の音頭で

数珠回しの始まりです。

約5〜6分間位でした、時間の決まりは有りませんが

そのくらい数珠を回すと疲れます。

20180210-2.jpg 20180210-3.jpg